相続税の対策方法について

相続税の対策と退職金について

相続税対策を行うために相続税の税理士に依頼することがあります。ではどのような軽減方法があるのかというとその方針のひとつとして相続税の課税のない財産を相続人が取得するというものがあります。こういった資産は非常に限られています。そのひとつが退職金です。退職金は本来相続資産ではありませんが、みなし相続財産として課税対象となります。ただ非課税枠が非常に大きいため一定の金額は相続税の課税を受けずに相続することができます。

相続時精算課税について

また相続が発生する前に相続税対策を行うことも非常に大きな効果があります。その贈与のうち相続時精算課税を使うという方法があります。この制度は贈与を受けた年に贈与税の申告をする際に相続時精算課税制度を選択することによって最大で25,000,000円までは贈与税の課税を行わないというものです。またこの特例は適用することができる資産の種類や贈与回数などの制限はないため非常に使い勝手のよい特例ということができます。

相続税対策と贈与税の特例

またほかにも贈与税にはさまざまな特例が設けられています。ほかに相続税の節税効果の高い贈与税の特例として住宅取得資金の贈与があります。これは子供や孫などの直系卑属が住宅を建てるもしくは購入する際に親や祖父母から住宅購入資金を贈与した際に一定金額までの贈与については贈与税を課税しないというものです。非課税限度額は年によって異なります。ただ少なくとも10,000,000円以上の贈与を無税で行うことができる点に魅力があります。

相続税の税理士は申告の手続きをしているので業績はトップクラスです。なのでどのようなことでも相談できます。