通信制高校で再チャレンジしよう

登校拒否の子供が増えている理由

最近では年々、高校に行けない不登校児の数が増加しています。その背景には、スマートフォンの普及によるいじめの多様化、家庭ごとの経済格差の広がり、アダルトチルドレンなど子供の心の病の増加といった、様々な社会情勢の変化が影響しています。

一方、これらのように「高校に行きたくても行けない」理由があるわけでもないのに、単に高校に行くのが面倒くさい、楽しくないなどの理由により登校拒否に陥ってしまう、”ネ登校拒否”の子供までいるのです。

高卒未満に世間は厳しい

本当に高校に行けない理由があるのか、”ネ登校拒否”なのかはさておき、いずれにしても今日において高校を卒業していないという経歴は、世間一般には受け入れられ難いのが現実です。普通に就職をして、普通に結婚するためには、最低でも高校卒業の資格は必須と言えるでしょう。

そこで、登校拒否の子供たちでも通いやすい仕組みがあるのが、通信制高校です。通信制高校では、自宅での通信学習を主としながら、高校卒業を目指すことができるのです。

通信制高校という選択肢

通信制高校でも、完全に自宅学習だけで授業が完結するわけではなく、規定された回数のスクーリングをこなす必要があります。そのため、高校生らしいイベントを経験したり、登校拒否によって鈍ってしまった対人関係スキルを養うこともできます。また、入学するのに年齢制限を設けていない通信制高校も多く、中学卒業から年数が経ってしまっていても、再チャレンジすることが可能です。

以上のように、高校に行けないこと・卒業していないことで悩んでいる方には、通信制高校という選択肢があるのです。

通信制高校の特徴としては様々な人に対応できる環境があることです。学校にはカウンセラーやインターネットでレポートを提出することも可能です。