消費者金融と銀行のカードローンの比較

消費者金融のカードローンの特徴

カードローンは、消費者金融と銀行の商品に分類できます。そこで、それぞれ比較して、それぞれの特徴を紹介します。まず消費者金融のカードローンの特徴は、即日審査・即日融資が可能というスピードです。融資限度額が500万円などと書かれていますが、実際は50万円以内の融資がほとんどです。50万円以内なら収入証明書の提出は原則不要で、審査が銀行よりも甘いのが特徴です。ですから学生やパート・アルバイトの方でも利用できます。その分金利がほぼ上限の18%と、高く設定されています。

銀行のカードローンの特徴

銀行のカードローンの特徴は、総量規制の対象外となっているので、融資限度額が多いのが特徴です。総量規制とは、年収の1/3までしか借りられないというもので、消費者金融は対象になっています。金利も融資額が多くなればなるほど低くなるのが特徴で、だいたい5〜15%に設定されています。銀行のカードローンは金利が低く、融資限度額が多いので、審査が厳しくなりがちです。さらに即日審査までは行うものの、即日融資まで行っている銀行はまだまだ少数です。

カードローンの返済方法

カードローンの返済方法は、原則として「残高スライドリボルビング方式」となっています。毎月一定額を返済する「リボ払い」では、支払った返済金はまずは利息手数料に充当されるので、余った金額が元金の返済に回されます。ですから借り入れ額が大きくなると、支払うべき利息も高額になります。つまり毎月一定額を返済するだけでは、元金まで回らずに元金が減らないのです。こうした事態を防ぐために採用されたのが、「残高スライドリボルビング方式」です。毎月の返済額は、一定額ではなく、残高に応じてスライドしていく仕組みです。これに「繰り上げ返済」を併用すると、効率良い返済が可能となります。

カードローンの比較は、口コミも閲覧することができるサイトが人気です。実際に使用したことのある人の意見を知ることができるので良いです。