相続税の申告とその対策

相続税の申告と税理士の役割

人が亡くなった場合に一定金額以上の財産を保有している場合には相続税の課税が行われます。この税の役割としては所得税を補完するための機能や一定の人に財産が集中することを抑制するために設けられています。この申告書作成の専門家として税理士がいます。相続の申告を税理士に依頼することによって、相続税の軽減を図ることができたり、手間や時間を節約することができます。また税理士に事前に相続税対策の相談をすることでより相続税の軽減を図ることができます。

相続税の財産評価について

そもそも相続税はどのように課税されるのかというと、亡くなった日現在に保有していた財産を法令に従って評価します。なぜ法令に従って評価するのかというと、現金や預金であれば簡単に時価を求めることができますが、不動産など資産の種類によっては時価を求めることが難しく、また評価方法を定めることによってそれぞれ公平に相続税額を計算することができるためです。また見落としがちな点として書画や骨董などの資産も相続財産として課税の対象となります。

相続税を軽減するための対策について

相続税を軽減するためにはいくつもの方法があります。効果が高い方法として単純に相続人の保有している財産をなるべく減らしておくという方法があります。保有している資産を売却しただけでは換金しただけになりますので保有資産を減らすために活用すべき方法としては贈与があります。贈与することによって相続人がいち早く資産を活用できることができる上に相続税対策にもなるため現在非常に多くの贈与が行われています。また税制でも贈与を促進するためさまざまな特例が設けられています。

相続の申告を税理士に頼むと、わからないことが簡単に解決できます。相続税の手続きは、素人には難しいからです。