事前に準備すれば安心!クレジットカードの申込み時の必要書類

まずは身分証明書を準備しよう

クレジットカードに申込むときに提出する書類としては、申込みした人の本人確認を行うという目的で身分証明書が必要となります。身分証明書には色々な種類がありますが、運転免許証を持っている人はそちらを優先して使うのが望ましいと言えます。ただし、免許証を持っていない人もいますよね。その場合は、健康保険証やパスポートでも大丈夫ですよ。免許証や保険証はどのクレジットカード会社でも使えますが、その他の身分証明書は会社によって使えるときとそうでないときがありますので確認しておきましょう。

キャッシングを利用するなら収入証明書が必要な場合も

ショッピング枠だけでなくキャッシング枠を設定したい場合は、収入証明書が必要になる場合があります。現在は総量規制という決まりがあり、年収の金額に対して一定割合までしかキャッシングが利用できないようになっていることもあり、収入証明書は重要な書類となります。会社に勤めている人は源泉徴収票を発行してもらい、自営業の人は確定申告書があれば大丈夫です。こういった書類は早めに準備しておくと余裕を持って手続きができますよ。

審査に合格した後は引き落としを設定しよう

無事クレジットカードの審査に合格したら、カードの毎月の支払いのための引き落とし設定をしましょう。ここで引き落としを申し込むための書面を手書きで記入する必要がある場合があります。銀行口座を作ったときの印鑑が必要になることもありますので準備しておきましょう。クレジットカードの会社や引き落としに設定する銀行口座の種類によっては、インターネット上から手続きができる場合もありますよ。支払いをうっかり忘れてしまわないためにも確実に引き落としの手続きをしておきましょう。

クレジットカードの解約に複雑な手続きは特に必要ありません。カードの裏に記載されている電話番号先に連絡して、解約の旨を伝えるだけで終わります。