ハイリスクハイリターンの信用取引

信用取引には信用買いと空売りの2つがある

信用取引というのは自分の手持ち資金よりも多くの投資ができる方法です。普通は10万円の資金があれば10万円分の投資しかできないのですが、信用取引なら30万円の取り引きができるのです。便利な反面、失敗した時のリスクが大きくなります。ただし成功した時は元手が少なく大きく儲けることができます。信用取引には信用買いと空売りという2つの方法があります。信用買いでは自分の資金の3倍までの取り引きができるようになります。

信用買いのメリットは手持ち資金の3倍の取り引きができること

3倍の取り引きができるということは、持ち株が全て上がった場合に3倍の利益が出ます。信用買いのメリットは、手持ち資金が少なくて本来は買えなかった銘柄でも買うことができる点です。空売りというのは、買ってない株を先に売ることができる方法です。なぜ買ってない株を売れるのかというと、証券取引所からその銘柄の株を借りることができるからです。借りているので、あとでその株を返す必要があります。そのため損した時のリスクは大きくなります。

空売りは証券会社で決めた銘柄しか取り引きできない

例えばこれから下がると予想する株がある場合、株価が高い時期に売るのです。これが空売りです。その後、株価が安くなった時に買い戻せば差額分が収益になります。買い戻した株を証券取引所に返せばいいのです。空売りができる銘柄は証券取引所によって決められているので、全ての銘柄でできるわけではないのです。信用取引で儲けを出すためには、常に最新の情報を集めることが必要です。不祥事などの悪いニュースが流れると市場が一瞬で変動するからです。

株の投資形態のひとつに信用取引があります。文字通り自分自身を信用してもらい、証券会社からお金を借りて株の取引をするということです。メリットとして、実際に持っている資金以上の取引が可能になります。